緑でサラナを楽天やamazonで購入する?

 

緑でサラナを楽天やamazonで購入するとです!

 

楽天でもamazonでも最安値ショップで30缶6,000円となっています。

 


 

しかし、公式サイトなら10%オフのキャンペーン価格なので、
5,400円で購入することができます。

 

なので、公式サイトで買うのが一番お得です!

 

緑でサラナとは?

「緑でサラナ」とはコレステロールを下げる特定保健用食品のことです。

 

いわゆるトクホと呼ばれる健康飲料水です。

 

健康診断でコレステロール値が高いと診断された方も多いのではないでしょうか。

 

コレステロール値が高いと血管を詰まらせるプラークを作り出す原因にもなります。

 

このプラークによって心筋梗塞や脳梗塞が引き起こされることもあるのです。

 

「緑でサラナ」はブロッコリーやキャベツであるアブラナ科野菜由来のSMCSによってコレステロール値を低下する作用が確認されたことで、特定保健用食品の表示許可を獲得しました。

 

このSMCSとはコレステロールを胆汁酸に変える酵素を活性化させる効果があり、これにより、肝臓で処理されるコレステロールの量が増え、結果として血中コレステロールが下がるという働きを持っているのです。

 

「緑でサラナ」には8種類の青野菜とリンゴとレモンの 2種類の果物が入っています。

 

青野菜はブロッコリー・キャベツ・セロリ・レタス・ほうれん草・パセリ・大根葉が入っていて、一缶あたりに約105gもの野菜の摂取量に相当するのです。

 

一日の野菜の摂取量が73gも不足している日本人にとって、野菜不足を補うこともできるので嬉しい商品ですね。
こんなに野菜がたくさん含まれていると、特有の青臭さや苦味を感じるのでは?
と思われる方も多いはず。

 

「緑でサラナ」には一部の原材料にフレッシュピューレ製法を用いているので、新鮮な口当たりになっています。

 

野菜嫌いの人でもおいしく飲めるように開発されています。

 

また、砂糖や食塩、香料、添加物も含まれていないことも魅力的です。

 

健康に特化している飲料水だからこそ、こういった品質にもとことんこだわっているようです。

 

開発元のサンスターは歯ブラシなどでも有名な会社で、誰でも一度は耳にしたことがあるはず。

 

口の健康について長年研究してきたサンスターが身体の健康に着目して作られた「緑でサラナ」には大変期待ができそうです。

 


緑でサラナには副作用はないの?

「緑でサラナ」自体に副作用が出るというようなことはありません。

 

緑茶に含まれているカテキンの成分に副作用が出るのではないか、と言われていますが、必要以上の量を摂取した場合に起こり得るものです。

 

カテキンの必要以上の量というのは、体重60kgの人間に置き換えて考えてみると緑茶900杯分にも相当するので、とても1日で人間が摂取できる量ではありません。

 

このことからカテキンの過剰摂取による肝機能障害が起きたり、はたまた死亡するなどといった危険性はないと考えてよいのではないかと思いま
す。

 

さらに「緑でサラナ」は名前こそ「緑」と付いていますが、成分表を見る限り、緑茶の成分は含まれておりません。

 

もちろん高濃度茶カテキンも含まれていないので、カテキンによる副作用に関しては気にしないでいいものだと言えるでしょう。

 

「緑でサラナ」の原材料は非常にわかりやすく、先ほど紹介した8種類の野菜と2種類の果物以外には何も入っていません。

 

唯一りんごアレルギーの方は飲む際に注意して頂きたいです。

 

また栄養表示で記載されているメチルシステインスルホキシドですが、これに関しても安全性に問題があるようなことはありません。

 

「緑でサラナ」の特長であるコレステロールを下げる作用があるSMCSの副作用として貧血、脾臓(ひぞう)肥大、脾臓内鉄増加が挙げられることがありますが、これは大量に摂取した場合ですので、純粋に「緑でサラナ」を飲んだだけでは発生するものではありません。

 

1日二缶の容量を守っていれば、副作用の心配はありません。

 

実際に食品安全委員会によって「緑でサラナ」は食品健康影響評価を受けています。

 

実際に健康被害による調査を受けていて、適切に摂取されるに限り安全性に問題はないと判断されています。

 

しっかりと規定量を守っていれば、コレステローチ値を下げることはもちろんのこと、1日の野菜不足も補える非常に優れた健康飲料水だと言えるでしょう。

 


緑でサラナの口コミまとめ

では、実際に「緑でサラナ」を飲んだ人の口コミはどうなんでしょうか?

 

実際に@cosmeやamazonでの口コミを調べてみました!

 

“苦味とコクがあり、爽やかで非常に美味しいです。野菜の繊維粒のようなものが入っていてスムージーのような食感です。普通の野菜ジュースよりも美味しくて飲みやすいので、これなら続けられそうだと思いました。”

 

“ドロドロしていて野菜がたっぷり入っているドリンクです。味はりんごの味が強くて甘くなっています。
野菜の苦さをあまり感じないので飲みやすい。体にいいドリンクです。”

 

“健康診断でコレステロール値が高かったので飲み始めました。青汁のような味を想像していましたが、
全然違って飲みやすかったです。効果があるのは確かでトクホの商品ですが、お値段が高いのが問題点
です。”

 

1日1本でコレステロール値が低下し、効果がありました。美味しいので、これからも継続したいと思い
ます。”

 

“セロリが苦手で、あまり好みの味ではありませんでした。健康には良さそうです。あと、もう少し値段
が安ければと思います。1日2本飲むには価格的に厳しいです。”

 

“香りが少し鼻に付くため、好みが分かれるかも。効果はまだ分からないので続けていこうと思っていま
す。”

 

“野菜を1日の標準量分摂取することが困難なため、野菜不足が補えるので購入しました。健康維持のた
めに飲んでみようかと思います。”

 

 

口コミを調べてみると、サイトによって全体の評価が分かれました。

 

Amazonでは非常に高評価でした。

 

やはりみなさんの気になるところは「」と「値段」のようです。

 

おいしくて飲みやすいという意見が多かったのですが、野菜が多く入っている分、香りや食感が苦手だという意見もみられました。

 

また一缶200円ほどするので、毎日飲み続けるには少し値がはるようです。

 

実際の効果としては、コレステロール値が下がったという意見がありました。

 

健康のために飲みつづけられるかが、重要ですね。

 


血糖値が気になる人は緑でサラナがおすすめ

「緑でサラナ」を飲み続けていると、コレステロール値が下がる効果が期待できます。

 

実際に臨床実験で血清コレステロール値が優位に低下したことが認められたからです。

 

では、1日に一体どれくらい「緑でサラナ」を飲むと効果が期待できるのか。

 

「緑でサラナ」の効果的な飲み方は1日2缶を目安としています。
1缶あたり160gですので、自分の好きなタイミングで飲むことができます。

 

2缶合わせても320gほどですので、無理なく続けることができるのはないでしょうか。

 

また、コレステロール値を下げるために「緑でサラナ」を飲み続けていると下がりすぎてしまうことは無いのかと不安に思われている方もいるかと思いますが、「緑でサラナ」を飲み続けているからといってコレステロール値が下がりすぎてしまうことはありません。

 

コレステロール値が正常になった、またはもともと正常値である方でも、「緑でサラナ」を飲むことによって1日に不足した野菜の分も補えることができるため、コレステロール値を下げたいという以外の方でもおすすめできます。

 

健康診断でコレステロール値に問題はないとされている人でも、無自覚のうちに悪玉コレステロールと言われるLDLコレステロールが増え続けています。

 

男性はもちろんのこと、女性は閉経のタイミングでコレステロールが増加することがあります。

 

実際に年代別の高コレステロール値(140mg/dl)の割合では、女性は40代後半で急激に増加するといったデータが見られています。

 

まだ、はっきりと高コレステロールだと診断されていなくても、これからの健康維持のために飲む方も多くいます。

 

健康の意識を高く保つためにも「緑でサラナ」は非常に役立つ商品だと言えるでしょう。

 

「緑でサラナ」を毎日継続して飲むためにも、独自の製法を用いており飲みやすくなっています。

 

実際に口コミでも「飲みやすい」「青汁のような青臭さを感じ無い」といった味への高評価が多く見受けられました。

 

 

 


緑でサラナにはこんな効果がある

これまでの「緑でサラナ」の紹介にあたって何度も書いてありますが、ここでまた詳しい効果を説明していきます。

 

「緑でサラナ」の飲むことによってコレステロール値が低下することが期待できますが、これはSMCSの力によるものです。

 

SMCSとはブロッコリーやキャベツのようなアブラナ科の野菜に多く含まれている天然のアミノ酸の一種です。

 

「緑でサラナ」を飲むことで、SMCSが偏った食生活などで血中に溜まったコレステロールを胆汁酸に変える酵素を活性化させる働きを持っています。

 

肝臓で処理されるコレステロールが増加することで、血中のコレステロールが低下します。

 

「緑でサラナ」を飲むことでこういったメガニズムが作用し、コレステロール値を下げる効果が日本で初めて認められたのです。

 

実際にSMCSの効果を試す臨床実験では、「緑でサラナ」と、「緑でサラナ」からSMCSの成分を取り除いた飲料水を12週間摂り続け、変化が現れるかを確かめています。
すると「緑でサラナ」の12週間摂取し続けた場合、そうでない場合と比べて3週間ほどで効果に違いが現れています。

 

SMCSの力によってたしかにコレステロール値が低下する作用が確認されました。

 

またトクホの愛称で知られている「健康保健用食品」ですが、「特定の保健機能を有する成分を含み、有効性、安全性、品質等に関する審査を受け、消費者庁の許可を受けた健康維持増進に役立つ食品であること」とされています。(消費者庁「特定保健機能食品許可品目一覧」2016年度3月版)

 

「緑でサラナ」はその特定保健食品の記載許可を獲得した安全な健康飲料水だと言えるでしょう。

 

1缶で役105gもの野菜を摂取できるので、日頃野菜不足を感じている人にもおすすめできます。

 

厚生労働省が推奨している1日の野菜摂取量は350gですが、現代人は76gほど野菜が不足しているそうです。

 

「緑でサラナ」を飲むだけで、1日に不足している野菜の分を補えるわけですから、単にコレステロール値を下げるだけでなく、健康にも良いですね。

 


緑でサラナの成分まとめ

これまで「緑でサラナ」の効果や、口コミについて紹介してきましたが、最期に「緑でサラナ」に含まれている成分について説明していきたいと思います。

 

ただ、「緑でサラナ」の成分は非常にシンプルです。

 

健康食品を謳っているだけあって、余分なものは一切含まれておりません。

 

「緑でサラナ」の主な原材料は、ブロッコリー、セロリ、キャベツ、レタス、ほうれん草、大根葉、パセリ、りんご、レモンと8種類の青野菜と2種類の果物から作られています。

 

栄養表示をみても、たんぱく質1.0g、脂質0g、糖質11.5g、食物繊維1.2g、ナトリウム10~40mg、カリウム260g、ビタミンμg、ショ糖1.4~2.8g、ブロッコリー、キャベツ由来のSMCS26mgと表示されています。

 

(サントリー公式ホームページ)一缶あたりのエネルギーも52kcalなのでとてもヘルシーですね。

 

このように「緑でサラナ」には野菜と果物以外に余計なものは一切含まれておりません。

 

砂糖、食塩、添加物、香料も入っていないのです。

 

飲む一の健康を徹底的に考えた商品だといえます。

 

原材料ごとに詳しい成分をみてみると、
・ブロッコリーはビタミンC
・キャベツはビタミンC、 KまたキャベジンというビタミンUという成分が豊富です。ビタミンUには胃や十二指腸に対する抗潰瘍作用があり、潰瘍の予防に高い効果があると言われています。
・セロリにはビタミンCやE、β?カロテンなどのビタミン、カリウムやカルシウムなどのミネラル
・レタスには食物繊維
・ほうれん草にはβ?カロテン
・パセリにはβ?カロテンやカリウム、鉄分
・大根葉にはビタミンA
・小松菜にはカロテンやカルシウム
・りんごにはカリウム、食物繊維の一種であるペクチン
・レモンにはクエン酸、ビタミンC
というように非常に優れた栄養素が入っています。

 

独自のバランスによって野菜が配合されているため、青臭くなく非常に飲みやすいと好評価です。

 

健康意識が高い方、コレステロール値が気になる方、野菜不足を感じている方。

 

この機会にサンスターの研究によって開発された日本で唯一のSMCSの健康特定保健食品「緑でサラナ」を試してみてはいか
がでしょうか。